FC2ブログ
選択
- 2008/12/23(Tue) -




ひとつのもの守るために
もうひとつを切り捨てる


そのときにはしる 
痛み

そのときにあふれる 
後悔

そのときにおもう 
失う愛の重み



歩き出すためには
ひとつしか持てなかった

守るべきものは 
ひとつだった



真冬の風が
どんなに吹き荒れても

もうわたしに
戻る道はない



わたしの心は
選んでしまった










スポンサーサイト



この記事のURL | 想いの雫 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |